瀬古さんと岐経大の揖斐監督 師弟トーク − 岐阜新聞 Web
瀬古さんと岐経大の揖斐監督 師弟トーク
2017年11月20日08:29
写真:瀬古さんと岐経大の揖斐監督 師弟トーク
和気あいあいとトークを繰り広げる瀬古利彦さんと揖斐祐治さん(右)=大垣市北方町、岐阜経済大

 横浜DeNAランニングクラブ総監督の瀬古利彦さん(61)と、岐阜経済大駅伝部監督の揖斐祐治さん(38)による対談が19日、岐阜県大垣市北方町の同大であり、かつて師弟関係にあった2人が、走ることの魅力を和気あいあいと語り合った。

 卒業生でつくる岐阜経済大学校友会が同大の創立50周年を記念して開催。市民ら約330人が耳を傾けた。

 2人はかつて、エスビー食品で監督と選手の関係にあった。瀬古さんは「監督の鏡は選手。選手が悪いのは監督が悪いから」と指導についての持論を語り、揖斐さんは「監督になった時、瀬古さんの言ったことを思い返した。気を付ける点が多い」と、自身の指導方針に影響を与えたと話した。

 揖斐さんは昨年、同大駅伝部を、全日本大学駅伝対校選手権大会への2年連続3度目の出場に導いた。瀬古さんは、監督としての揖斐さんを「有名校に勝って全国大会に出ている。偉い」と称賛し「少しずつ積み重ねて、全国大会の常連校になってほしい」とエールを送った。