入場者4万人突破 レオナルド×ミケランジェロ展 − 岐阜新聞 Web
入場者4万人突破 レオナルド×ミケランジェロ展
2017年11月22日08:30
写真:入場者4万人突破 レオナルド×ミケランジェロ展
入場者4万人目となった(左から)杉山道代さん、桑原和代さん、後藤真弓さん=岐阜市大宮町、市歴史博物館

 岐阜市大宮町の市歴史博物館で開かれている「レオナルド×ミケランジェロ展」も残り数日となり、二大巨匠の芸術に間近で触れようと、連日大勢の鑑賞者でにぎわっている。21日には入場者が4万人を達成し、同市内の女性3人組に記念品が贈られた。会期は23日まで。

 イタリア・ルネサンス期を代表するレオナルド・ダビンチ、ミケランジェロの芸術を対比する企画。ダビンチの素描「少女の頭部」、日本初公開のミケランジェロのキリスト像など約70点が並ぶ。岐阜市、岐阜新聞社、岐阜放送などでつくる実行委員会主催。

 4万人目になったのは、パート後藤真弓さん(58)=同市三田洞東=、同桑原和代さん(53)=同市粟野東=、同杉山道代さん(55)=同市粟野=。「今回の展覧会を逃したらもう岐阜では見られないかもしれないと思って訪れました。4万人目になって驚いた」と話した。3人には、早川三根夫市教育長から記念品の展覧会グッズが贈られた。

 4万人を超え、同博物館で開催された特別展で歴代5位の入場者数を記録した。