サンマの行列、長さ世界一 ギネス認定 − 岐阜新聞 Web
サンマの行列、長さ世界一 ギネス認定
2017年11月23日09:01
写真:サンマの行列、長さ世界一 ギネス認定
サンマを並べ、ギネス記録の「最も長い食用魚の列」610.8メートルを達成した会場=羽島市福寿町浅平

◆長さ610.8メートル

 岐阜県羽島市のJR岐阜羽島駅周辺で開かれた「えーがや笑寿(わじゅ)うなまずまつり2017」のイベントの一環で、会場に並べたサンマの長さが610.8メートルになり、「最も長い食用魚の列」としてギネス記録に認定された。

 まつりを盛り上げ、東日本大震災の被災地復興を応援しようと、一般財団法人国際クラブ(羽島市)が世界一に挑戦。岩手県大船渡市産などのサンマを準備し、市民ボランティアら171人が2176匹の生のサンマを台の上に連なるように並べた。一度並べたサンマが乾燥して反り返り、離れてしまうのを並べ直すなど、思わぬ苦労があったという。

 公式認定員のマクミラン舞さんによって審査され、測量を経て、従来の記録を253メートル余り上回るギネス記録認定を宣言。国際クラブの青山英世理事長に認定証を手渡した。使用したサンマは塩焼きにして、来場者に無料で振る舞った。