知事交え「若者ガヤガヤ会議」 岐阜の強み、どう生かす − 岐阜新聞 Web
知事交え「若者ガヤガヤ会議」 岐阜の強み、どう生かす
2017年11月24日08:48
写真:知事交え「若者ガヤガヤ会議」 岐阜の強み、どう生かす
古田肇知事(右)と意見を交わす若者たち=23日午後、岐阜市橋本町、じゅうろくプラザ

 岐阜県内の若者から県政への提言を募る「若者ガヤガヤ合同会議」が23日、岐阜市橋本町のじゅうろくプラザで開かれ、若手社会人や大学生、高校生らが古田肇知事と「若者が活躍できる岐阜県について」をテーマに意見交換した。

 ガヤガヤ会議は、若者に県政への関心を持ってもらおうと、県が本年度企画。上半期は「若手社会人」「学生」「高校生」「県内在住外国人」など各テーマごとに県内外で計12回開いた。締めくくりの合同会議は、各テーマの代表者10人が集まり、県の強みや魅力を生かした取り組みについて意見交換した。

 出席者からは、岐阜の強みについて「日本の真ん中で東京や大阪にもアクセスしやすい」「水や空気がきれい」などを挙げ、「バスの案内に外国語の表記をもっと入れるべき」「県独自の子育て制度を学校で教えると、若者が岐阜に残るきっかけになる」と提言していた。

 古田知事は「多様な岐阜を一言で表すと清流の国。清流は県民の誇り」と清流の国づくりの理念を説明。「岐阜をどうアピールするか、アイデアをどんどん出してほしい」と話していた。