水都を4611人熱走 おおがきマラソン − 岐阜新聞 Web
水都を4611人熱走 おおがきマラソン
2017年12月12日08:41
写真:水都を4611人熱走 おおがきマラソン
爽やかな青空の下、一斉にスタートするランナーたち=10日午前、大垣市郭町、大垣駅通り

 おおがきマラソン2017(実行委員会主催、岐阜新聞社、岐阜放送共催、大垣市陸上競技協会主管)が10日、岐阜県大垣市中心部の大垣駅通りを発着点に開かれた。ハーフマラソン(21.0975キロ)とランニング(2.5キロ)、ウォーキング・ジョギング(同)の3種目に4611人が出場し、冬晴れの水都を駆け抜けた。

 大会は昨年に続いて2回目の開催。北海道から九州まで全国の市民ランナーが集まり、大垣城や墨俣一夜城など名所を楽しみながらゴールを目指した。沿道には約3万5千人(主催者発表)が詰め掛け、ランナーに声援を送った。