商売繁盛お願いします 十日えびすにぎわう − 岐阜新聞 Web
商売繁盛お願いします 十日えびすにぎわう
2018年01月11日08:12
写真:商売繁盛お願いします 十日えびすにぎわう
縁起物の熊手を求める参拝者=中津川市えびす町、西宮神社

 岐阜県中津川市えびす町の西宮神社で10日、商売繁盛や家内安全などを祈願する「十日えびす大祭」があり、福を求める大勢の参拝客でにぎわった。

 今年で123回目。同神社は1895(明治28)年に兵庫県西宮市の総本社から分霊を受けて創建。東濃地域では唯一の西宮神社で毎年1月10日に大祭を行っている。

 境内では早朝から多くの人が列を作り、参拝。お札を受けて商品券や家電が当たる福引で運を試したり、熊手などの縁起物を求めたりした。恵那市東野の自営業(53)は「好景気が実感できる年になってほしい」と願った。

 この日は、中津川菓子組合が境内で甘酒を振る舞い、限定の「えびす饅頭(まんじゅう)」を販売。中心市街地一帯が歩行者天国となり、各商店街の七福神を巡るスタンプラリーを開催。道沿いに露店が連なり終日にぎわいを見せた。