歩き方、モデルに学ぶ 飛騨高山高生 − 岐阜新聞 Web
歩き方、モデルに学ぶ 飛騨高山高生
2018年01月17日08:48
写真:歩き方、モデルに学ぶ 飛騨高山高生
舞弓茜さん(右端)の指導を受け、鏡の前でポーズをとる生徒=高山市下岡本町、飛騨高山高校岡本キャンパス

◆26日にファッションショー

 岐阜県高山市の飛騨高山高校は15日、同市下岡本町の岡本キャンパスでプロのファッションモデルによるウオーキング講習会を開き、服飾を学ぶ同校生活文化科ライフデザインコース3年の生徒14人が、26日に開くファッションショーに向けて歩き方を練習した。

 生徒は学習成果発表会の中でファッションショーに臨み、自作のドレスを身に着けて3年間の集大成を披露する。

 ファッションモデルでウオーキング講師の舞弓茜さん(37)=三重県四日市市=を講師に招いた。舞弓さんは「頭の位置を意識して、全身が真っすぐになるように」とアドバイス。生徒は本番用のハイヒールを履いて練習した。最初はぎこちなく歩いていた生徒も、後半になるとしなやかな動きを見せた。

 同コース3年の生徒は「足が痛くて大変だけど、本番で自信を持って歩けるようしっかり練習する」と意気込んだ。

 ショーは、同市昭和町の市民文化会館で26日午後1時30分から開かれる。