美濃加茂市長選告示 2新人の争い − 岐阜新聞 Web
美濃加茂市長選告示 2新人の争い
2018年01月21日17:55

 収賄事件で有罪が確定した藤井浩人前市長の辞職に伴う美濃加茂市長選は21日告示され、同日午後5時に立候補の届け出が締め切られた。いずれも無所属新人で、前副市長の伊藤誠一氏(61)=自民、公明推薦=、喫茶店経営の小野正勝氏(68)の2人が届け出を済ませ、新生美濃加茂市≠フかじ取り役を選ぶ選挙戦がスタートした。28日に投票、即日開票される。

 同市では、二審逆転有罪判決を受けた藤井氏が市民に信を問うとして市長を辞職し打って出た昨年1月の出直し市長選、同5月の任期満了に伴う市長選に続き、この1年間で3回目の市長選になる。

 20日現在の選挙人名簿登録者数は4万2415人(男性2万877人、女性2万1538人)。