祭りユネスコ遺産のピンバッジを製作 高山市など5市 − 岐阜新聞 Web
祭りユネスコ遺産のピンバッジを製作 高山市など5市
2018年02月11日08:55
写真:祭りユネスコ遺産のピンバッジを製作 高山市など5市
五つの祭りをイメージしたピンバッジ

 高山祭の屋台行事(岐阜県高山市)、古川祭の起し太鼓・屋台行事(飛騨市)など、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されている「山・鉾(ほこ)・屋台行事」の飛越能の五つの祭りをイメージしたピンバッジを、高山、飛騨市など関係5市が連携して製作。屋台などの五つの展示施設を巡るチケットの購入者に配布している。

 五つの祭りは、ほかに高岡御車山祭の御車山行事(富山県高岡市)、城端神明宮祭の曳山(ひきやま)行事(同県南砺市)、青柏祭の曳山行事(石川県七尾市)。各市の施設でそれぞれの祭りのピンバッジがもらえる。高山祭は屋台のデザインで縦4センチ、横2・5センチ。古川祭は起し太鼓のデザインで縦横3・5センチ。配布は3月31日まで(なくなり次第終了)。

 1人千円のチケットで、高山祭屋台会館、飛騨古川まつり会館、高岡御車山会館、城端曳山会館、花嫁のれん館の5施設に入館できる。