17歳の安室がQS初優勝 サーフィンの国際大会

2018年07月11日 14:18

サーフィンのムラサキ湘南オープンで優勝した安室丈=神奈川県藤沢市の鵠沼海岸(ゲッティ=共同)

サーフィンのムラサキ湘南オープンで優勝した安室丈=神奈川県藤沢市の鵠沼海岸(ゲッティ=共同)

 2020年東京五輪で実施されるサーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)の予選シリーズ(QS)男子国内第2戦、ムラサキ湘南オープンは11日、神奈川県藤沢市の鵠沼海岸で行われ、17歳の安室丈が制してQS初優勝を果たした。

 昨年10月に世界ジュニア選手権で16歳以下の部を制した安室は、好条件の波が少ない中で乗る波を厳選。軽快に板を操り、波を最大限に利用した技を繰り出した。決勝は9・90点を出し、対戦したオーストラリア選手を0・80点上回った。

 2年前に優勝した新井洋人とCT出場の実績がある大原洋人は準決勝で敗退した。

カテゴリ: スポーツ