キキララの花、被災地励ます 「いつも一緒」忘れないで

2018年09月12日 14:38

サンリオのキャラクター、キキとララがインターネット上で育てた「希望の花」のしおり

サンリオのキャラクター、キキとララがインターネット上で育てた「希望の花」のしおり

 東日本大震災で被災した東北の子どもたちやファンを癒やそうと、サンリオの人気キャラクター「リトルツインスターズ」のキキとララがインターネット上で育ててきた「希望の花」で、しおりが作られた。2人は「小さな応援だけど、いつもみんなと一緒にいるって忘れないで」と励ましている。

 キキとララは震災後の2011年3月22日、「私たちにできることは小さいけど、みんなで希望の芽を育てていきたいね」のメッセージとともに、ネット上で空想の希望の花の種をまいた。

 宮城県石巻市の「石ノ森萬画館」で開催中のサンリオの企画展で、来月14日まで配布されている。

カテゴリ: 暮らし・話題