陸上、多田「活躍できる選手に」 住友電工、新加入選手会見

2018年12月06日 17:35

住友電工に新加入する短距離選手の(左から)小池祐貴、多田修平、永田駿斗=6日、大阪市

住友電工に新加入する短距離選手の(左から)小池祐貴、多田修平、永田駿斗=6日、大阪市

 住友電工陸上部が6日、大阪市内で新加入の短距離選手の記者会見を開き、来春入社する2017年世界選手権男子400メートルリレー銅メダリストの多田修平(関学大)は「2020年(東京五輪)を見据え、世界で活躍できる選手になりたい」と笑顔で抱負を語った。

 多田は100メートルの自己ベストが10秒07。今夏のジャカルタ・アジア大会も男子400メートルリレーのメンバーとして20年ぶりの金メダル獲得に貢献した。今後は練習拠点を関東に移す意向も示した。

 ジャカルタ・アジア大会男子200メートル覇者の小池祐貴は「これまで以上にシビアになって力を引き上げていく」と話した。

カテゴリ: スポーツ