北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功

2019年01月10日 06:33

日本大生物資源科学部の研究グループが、北海道・八雲町の演習林で撮影に成功した毛の白いヒグマ=2017年7月

日本大生物資源科学部の研究グループが、北海道・八雲町の演習林で撮影に成功した毛の白いヒグマ=2017年7月

 日本大生物資源科学部(神奈川県藤沢市)の研究グループ(代表・井上公基教授)が、北海道南西部・八雲町の演習林に設置した熱感知カメラで、毛の白いヒグマの動画撮影に成功した。2016年9月〜18年7月に計6回、姿を捉えた。野生の白いヒグマは北方領土の国後島や択捉島で確認されているが、北海道で繰り返し撮影されるのは極めて珍しいという。

 同グループが演習林(2406ヘクタール)に生息する動物を調べるため、定点カメラ数十台を設置。特定のエリア内で、背中を除くほぼ全身白いヒグマがカメラに顔を近づける姿などが写っていた。

カテゴリ: 科学・環境