米議会、非常事態無効可決 トランプ氏、初の拒否権へ

2019年03月15日 04:34

 【ワシントン共同】米上院本会議は14日、トランプ大統領がメキシコ国境の壁建設のため発令した国家非常事態宣言を無効にする決議案を可決した。政権を支える共和党で決議案に賛成する造反議員が相次いだ。下院は2月に可決しており、ねじれ議会で支配政党が異なる両院がともに大統領に異議を唱える異例の事態となった。

 トランプ氏は壁建設を推進するため、大統領就任後初めて拒否権を発動する方針。議会軽視との非難が高まりそうだ。

 決議案は、国家非常事態法に基づきトランプ氏が宣言した非常事態の「終結」を表明し、宣言を無効にする内容。

カテゴリ: 国際