国交相「運休予定ない」 737MAXの運航停止

2019年03月15日 09:46

13日、米サンフランシスコ国際空港に着陸するボーイング737MAX9機(ゲッティ=共同)

13日、米サンフランシスコ国際空港に着陸するボーイング737MAX9機(ゲッティ=共同)

 エチオピアでの墜落事故を踏まえ、国土交通省が外国の航空会社にボーイング737MAX8とMAX9の日本への運航停止を通知したことに関し、石井啓一国交相は15日の閣議後記者会見で「各社は他の機種を使用して運航を継続しており、運休予定の報告も受けていない」と述べた。

 国交省によると、MAX8とMAX9の運航計画があったのは、海外5社の国内7空港への路線。石井氏は「運航停止の期間が長期化した場合、状況が変化する可能性がある。注視していきたい」と述べた。

 国内航空会社は運航しておらず、影響はない。通知は、日本の空港への発着や上空の通過を停止するとしている。

カテゴリ: 経済