現生人類、もっと早く移動 アフリカ以外で最古の化石

2019年07月11日 02:04

ギリシャで見つかったネアンデルタール人の化石(右)と復元図(研究チーム提供)

ギリシャで見つかったネアンデルタール人の化石(右)と復元図(研究チーム提供)

 ギリシャ南部の洞窟で見つかった人類の化石は、21万年前とアフリカ以外で最も古い現生人類のものだったと、ドイツなどのチームが10日、英科学誌ネイチャーに発表した。アフリカで生まれた現生人類は6万〜12万年前に世界中に拡散したとされるが、それより前にもアフリカを出た集団がいたことを示す結果。

 また、同じ洞窟の別の化石は、より新しい17万年前のネアンデルタール人の頭蓋骨だとした。この地域の住人は一度、現生人類からネアンデルタール人に代わった可能性があり、古い人類が新しい人類に置き換わっていくという単純なシナリオで語れない、複雑な歴史があったとみられる。

カテゴリ: 科学・環境