JDIが800億円確保へ 中国ファンドから追加回答

2019年07月12日 11:34

 経営再建中の中小型液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は12日、中国のファンド「ハーベストグループ」から1億ドル(約108億円)の出資を追加するとの連絡があったと発表した。香港のファンド「オアシス・マネジメント」と合わせ最大800億円の調達予定額を確保する見通しとなった。8月29日に臨時株主総会を開いて正式決定する。

 ハーベスト側が出資額を上積みする意向を伝えた。うち一部を米アップルがハーベストを通じて支援する枠組みは維持している。

 オアシスによる出資額は1億5千万〜1億8千万ドルの予定。為替が変動しても計800億円に到達する見通しだという。

カテゴリ: 経済