麻生財務相、潜水艦に体験搭乗 防衛予算の査定と説明

2019年12月03日 12:26

 麻生太郎副総理兼財務相は3日の閣議後記者会見で、今年5月に海上自衛隊の潜水艦に体験搭乗したことを明らかにした。「防衛予算の査定作業で、現場環境を知っておくのは大事なことだった」と述べ、問題はなかったとの認識を示した。体験搭乗は麻生氏側の意向で行われ、海自として休日だった土曜日に実施された。

 麻生氏は「潜水艦以外の現場にも行かせてもらっている」と強調。自衛隊の私物化ではないかと問われると「考えたこともない」と述べた。

 記録の残っている過去5年間では、防衛相を含め、首相や閣僚、元閣僚らによる潜水艦の体験搭乗はなかったという。

カテゴリ: 政治