菓子包装、紙素材に商機 プラごみ削減へ開発強化

2020年05月23日 15:33

外袋に王子ホールディングスの紙を使用した「キットカット」

外袋に王子ホールディングスの紙を使用した「キットカット」

 海洋汚染につながるプラスチックごみを削減しようと、菓子の包装を紙に切り替える動きが広がっている。製紙各社は油や水に強い新素材の開発に力を入れ、これまでの外袋だけでなく、菓子に直接触れる内袋への拡大を目指す。ペーパーレス化で国内の紙需要は低迷しており、脱プラの流れを新たな商機とにらむ。

 ネスレ日本(神戸市)は昨年9月以降、チョコレート菓子「キットカット」の一部商品で、外袋をプラスチックから紙に変更した。菓子を個別に包む内袋はプラスチックのままだが、年間約380トンのプラスチックごみ削減を見込む。

 採用されたのは、王子ホールディングスが手掛ける紙素材だ。

カテゴリ: 経済