G20、貿易で対立解けず 麻生氏、米保護主義けん制

2018年04月21日 09:30

日米財務相会談後に記者会見する麻生財務相(左)と日銀の黒田総裁=20日、ワシントン(共同)

日米財務相会談後に記者会見する麻生財務相(左)と日銀の黒田総裁=20日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】米ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が20日(日本時間21日未明)、閉幕した。保護主義的な貿易措置を繰り出す米国と他国の意見対立が解けず、議長国アルゼンチンのドゥホブネ財務相は記者会見で「全会一致には程遠かった」と総括した。麻生太郎財務相はムニューシン米財務長官と会談して米通商政策への懸念を直接伝え、強硬姿勢をけん制した。

 G20では、保護主義の拡大や米中貿易摩擦は世界経済の懸念材料だとの声が続出した。従来合意に沿って関係国は対話を続けるが、融和は見通しにくく、結束の難しさが鮮明になった。

 ドゥホブネ氏は「『内向き』の政策は世界経済のリスク」との認識が大勢を占めたとしながらも「意見対立があった」と述べた。関連してムニューシン氏は20日、国際通貨基金(IMF)に対し、加盟国の知的財産権保護などに取り組むよう要請。「不公正貿易」に対抗するトランプ政権の政策の正当性を主張し続ける姿勢を示した。

 G20の討議で自由貿易の堅持を訴えた麻生氏は、日米会談で米鉄鋼輸入制限の対象から日本を除外するよう求めた。記者会見では「為替に的を絞った話はしていない」と説明した。核開発を巡る経済制裁逃れを封じるため、北朝鮮の非合法的な金融活動の阻止に全力を挙げることで一致したと、ムニューシン氏がツイッターで明らかにした。

 G20ではシリア情勢の緊迫化など市場の動揺を誘う「地政学リスク」への対応も議論された。麻生氏と共に会見した日銀の黒田東彦総裁は、欧米の金融引き締めに伴って金利が急上昇するといった悪影響が出ないかを「十分注視していく必要がある」と指摘した。

カテゴリ: 主要 経済