岐阜酒好物語

ハリー・ポッター

2019年01月21日 12:42

ビールベースのホットカクテル「バタービール」

ビールベースのホットカクテル「バタービール」

 イギリスを舞台にした魔法使いの少年の物語「ハリー・ポッター」をご存じでしょうか。小説や映画を読んだり見たりしていない方でも名前だけは聞いていると思います。

 作家のJ・K・ローリングさんが執筆した児童文学書ですが、1997年に発刊され、世界的なベストセラーになり、映画も大ヒットを記録しております。

 8作品あるシリーズの中の第3巻「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」でハリーたちが口にする「バタービール」という架空の飲み物がございます。

 海外のバーテンダーがレシピを紹介しておりましたので参考にしていますが、あくまでも架空の飲み物なので正解はないというところでしょう。

 ちなみにここで紹介する「バタービール」は、ビールベースのホットカクテルです。使う材料は、ナツメグ、グローブ、ジンジャー、卵、砂糖、無塩バターとビールです。

 材料の注意点があり、ビールは「リアル・エール」というものを使用します。このビールは樽(たる)熟成された炭酸が非常に弱いものです。

 作り方としては、砂糖、卵以外の材料を鍋で煮たのち、混ぜ合わせた残りの材料を足して、良く混ぜ合わせてグラスに注ぎます。日本でいうところの卵酒を作る感じです。大阪のUSJで提供しているものとは、かなり雰囲気も味わいも異なりますが、大人のバタービールという感じで作ることができます。

 ハリー・ポッターが好きな皆さま、一度、バタービール作りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。甘めに味付けすると良い感じに仕上がりますよ。

続きを読む

過去の記事


大上 信彦

(おおうえ・のぶひこ)
 岐阜・柳ケ瀬で、「Cafe&Bar Wizard」を経営し、カクテルの大会入賞経験もあり、ご当地キャラカクテルなども作っているバーテンダーでもあり、カルチャースクールで手品の講師も務めるプロマジシャンとしても活動中。