岐阜酒好物語

ローズマリー

2018年11月12日 11:57

  • ローズマリー
  • グラスにローズマリーの香りを閉じ込め

 調理で魚や肉の臭いを消したり、抗菌作用も持ち合わせている薬草のひとつで、「ローズマリー」がございます。記憶力を高めるとして、古くから薬用で使用されていたといわれています。

 薬用酒として作られたローズマリー酒は、後にその香りの高さから香水として使用されるなど、用途の広い使い道があったりします。

 ローズマリーの効果効能は、炎症抑制効果、血行改善、育毛効果、花粉症の症状を和らげるなど、そして、美容効果もあるといわれる薬草です。

 そのローズマリーの名前がそのまま付けられたカクテルがございます。このカクテルには飾りに使われているだけですが、その複雑な香りを表現している一杯になっています。

 レシピは、ドライジン、ドライ・ベルモット、チェリー・ブランデー、アルマニャック、カンパリで、マティーニをベースとしたカクテルに仕上がっています。

 近年、ロンドン発祥のミクソロジーカクテルという、リキュール類を使わずに仕上げる作り方がございますが、簡単に作れるものから手のかかるものまで、ローズマリーを使用したレシピが紹介されています。

 ご家庭でも、白ワインなどに漬け込めば、手軽にローズマリー酒を楽しむことができます。

 フレッシュのローズマリーを使用したカクテルが作れるお店は少ないと思うところですが、出合うことができましたら試してみてはいかがでしょう。

続きを読む

過去の記事


大上 信彦

(おおうえ・のぶひこ)
 岐阜・柳ケ瀬で、「Cafe&Bar Wizard」を経営し、カクテルの大会入賞経験もあり、ご当地キャラカクテルなども作っているバーテンダーでもあり、カルチャースクールで手品の講師も務めるプロマジシャンとしても活動中。