岐阜酒好物語
チャレンジャー求む

2017年10月15日 17:04

ブートジョロキア使用の唐辛子ウオッカとブラッディメアリー

ブートジョロキア使用の唐辛子ウオッカとブラッディメアリー

 8月に唐辛子のウオッカをテーマにしたコラムを書きましたが、秋になるとかなり短い期間ですが、国内生産の外来種唐辛子が、岐阜市内の百貨店地下にある食料品売り場に並びます。

 「辛いものが好きな皆さまに...」と毎年度、カクテルベースにするために製作しているのですが、今年は奈良県産のブートジョロキアが売り場にならび、すぐに購入してまいりました。

 普段、多くのご家庭で使用している唐辛子といえば、乾燥された物を購入されていると思いますが、この短い期間しか店頭に並ばない商品は生の状態なのです。エキス抽出を考えると、生の状態というのは、短い期間で味が出てうれしい限りです。

 ブートジョロキアの唐辛子は、ひと瓶に対してひと粒、またはふた粒も入れれば充分過ぎる辛みが出ると思うところですが、今回、6個入りの袋の中味を、全て入れて唐辛子ウオッカを製作してみました。

 三日目で味見をしましたが、一滴程度で顔に浮き出る汗が止まらない辛さになってました。そこからひと月が過ぎ、現状でさらに辛みが増しているのですが、想像を超える感じになっております。

 数名のチャレンジャーなお客さまが、ブラッディメアリーのカクテルで飲まれましたが、「おいしいけど、辛くて手が止まる」という事態でした。ちなみに使用する量を控え、ノーマルなウオッカで伸ばしてみても、辛みはほぼ変わりません。

 今のところ、さすがにこのブートジョロキア使用の唐辛子ウオッカをストレートで飲まれる方はいらっしゃいません。我こそはという辛党の皆さまのチャレンジをお待ちしております。


過去の記事