岐阜酒好物語
ホットバタードラム

2017年12月25日 17:15

ホットバタードラム

 身体を芯から温められるドリンクに、「ホットバタードラム」というカクテルがございます。このカクテルは、イギリス生まれで、古くから飲まれています。お店の方でも、「身体が温まるホットカクテルを」とお客さまから注文されると提供している一杯です。

 このカクテルの歴史的背景は、調べても出てこないところを見ると、カクテルという言葉が出てくるよりも前に、普通に家庭で飲まれていたのではないかと思うところです。

 基本レシピは、耐熱グラスを使い、そこへ角砂糖を一つ入れ、ダークラム(好みの量)を注ぎ、お湯で満たして無塩バターを浮かべ溶かしてから、好みでシナモン、グローブ、ナツメグなどのスパイスを加えます。

 私が見たことがある海外の作り方はとてもバリエーション豊かで、バター以外をスパイス類も含めてミルクパンで温めたり、オレンジの皮やレモンを加えたりしたものもあり、各家庭で親から子へ伝わる、さまざまな味わいがあるカクテルだと思います。

 「ホットバタードラム・カウ」というカクテルもありますが、こちらはお湯の代わりにミルクを使用したレシピになります。

 余談ですが、競走馬の馬名で「ホットバタードラム」と付けられた馬がいますが、名の意味は、カクテルから付けられたとデータベースに登録されています。

 簡単に作れるカクテルです。冷え込みはまだこれからというところで、ご家庭でオリジナルな味わいを作ってみてはいかがでしょう。


過去の記事