岐阜酒好物語
スピリタス

2018年03月26日 15:09

カクテルで味わいたいスピリタス(写真はソルティドック)

カクテルで味わいたいスピリタス(写真はソルティドック)

一般的に手に入る一番強いお酒といえば、アルコール度数が世界最高の96度を誇る「スピリタス」というウオッカです。原産地ポーランドのお酒で、ジャガイモが原料です。

 100パーセントのお酒を造ろうと試み、4パーセントの不純物は取り除けなかったという話もあるウオッカです。70回以上も蒸留を繰り返して造られているそうです。

 日本で60パーセントを超えるアルコール類は、消防法で危険物に該当し、容量が500ミリリットルを超えるものには、「第四類アルコール類(引火性液体)危険等級Ⅱ 水溶性」「火気厳禁」の表記があります。

 高アルコールで味は辛いのでは? と思いがちですが、シロップなどを使わないカクテルで使用すると、甘めな味わいに仕上がるほどおいしいウオッカです。

 ユーチューバーといわれる一部の方たちが、スピリタスをストレートで飲んでいる動画を上げておりますが、このお酒の本来の味や飲み方、使い方を知らな過ぎで、憤りを感じます。

 果実酒を作ってソーダなどで薄めて楽しんだり、また消毒用としても使い、狩人が山に入ったときには「水」で割って飲むなど、原産地ではそのまま飲むことはないそうです。

 無謀なお酒の飲み方は、身体にも負担がかかり、後々に響いてきます。提供する立場からすると、飲み方を知り、楽しくおいしく飲んでほしいと思います。


過去の記事