岐阜酒好物語
チャーチル

2018年04月02日 11:43

チャーチル

チャーチル

 監督ジョー・ライト、主演ゲイリー・オールドマンの歴史エンターテインメントのイギリス映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」が公開されました。

 この映画は、2017年にカナダを皮切りに公開され、2018年に日本で上映となりました。

 第2次世界大戦初期の物語で、首相に就任したサー・ウィンストン・チャーチルが、アドルフ・ヒトラー率いるドイツ軍に、どのような決断を下し立ち向かったのか。というストーリーです。

 私が、この映画に興味を示したのは、カクテルの王様、「マティーニ」の逸話の中でもチャーチルが登場するからです。

 エクストラ・ドライ・マティーニを好んだチャーチルですが、執事に使用材料のベルモットを口に含ませて息を吹きかけさせたり、耳元で「ベルモット」と小声でつぶやかせたり、時にはベルモットのボトルを横目でチラ見しながらとか、お酒(ジン)の飲み方にはこだわった方でもあります。

 当時、ジンは下層階級のお酒で、表に出してジンが好きと言えないから、カクテルを飲んでいるということにしたという話もあります。

 さて、その功績をたたえたかは定かではありませんが、「チャーチル」名前が付けられたカクテルもあります。

 レシピは、スコッチ・ウイスキー、スイート・ベルモット、ホワイト・キュラソー、レモンジュースが使われたショート・カクテルです。

 いつ作られたのか詳しい経緯はわかりませんが、スタンダード・カクテルの一つとして残っています。

 映画を見た皆さま、カクテルを飲みながら映画の余韻に浸ってみてはいかがでしょう。


過去の記事