岐阜酒好物語
台風のカクテル

2018年08月27日 15:42

ショートカクテルの「ハリケーン」

 暦の上では秋になっておりますが、まだまだ残暑が続き、台風が多く発生しております。今年は発生ペースも多いようで、すでに20個の台風を数える状態になっています。

 私のおぼろげな記憶で、「台風のカクテルがあったような...」と調べてみると、「ハリケーン」という名前のカクテルがございました。

 このカクテルの出所などは不明なのですが、1930年、英国の「サヴォイ・ホテル」のチーフバーテンダー「ハリー・クラドック」が出した「サヴォイ・カクテルブック」に掲載されています。

 このカクテルのレシピは、ウイスキー、ドライ・ジン、ペパーミント・ホワイトリキュール、レモンジュースというショートカクテルで、やや強めですが爽やかな一杯です。

 また、ニューオリンズの老舗バー「パット・オブライエン」で提供されている、ロングカクテルの「ハリケーン」もございます。こちらは、提供されたグラスの形が「ハリケーン・ランプ」に似ていることから名前が付けられたそうです。

 レシピは二つあり、ホワイト・ラム、ダーク・ラム、パッションフルーツシロップだけで作るものと、ホワイト・ラム、ダーク・ラム、パッションフルーツジュース、オレンジジュース、ライムジュース、グレナデンシロップというものがあります。

 天候に対抗するわけではありませんが、強烈な台風カクテルを飲んでみてはいかがでしょう。

皆さまの善意 お届けしました

 8月13日アップのコラムで紹介した「獺祭」を振る舞った豪雨災害支援募金は、多くの皆さまにご協力をいただき、総額 24,990円が集まりました。

 私も少し足しまして、集まった善意を直接、日本赤十字社岐阜支部へ届けてまいりましたことをご報告させていただきます。

 あらためまして、ご協力していただけました皆さまにお礼申し上げます。


過去の記事