岐阜酒好物語
国際博覧会

2018年11月05日 16:37

  • 花笠
  • サンエキスポ

 2020年の東京オリンピック後、2025年の国際博覧会を日本へ、ということで大阪が開催地に立候補をしております。

 昔、大阪万博として開催されたのは1970年で、47年も前の話になります。その万博の昭和45年6月7日に、大阪エキスポクラブで、EXPO'70世界コクテールコンクールというカクテルの大会が開催されました。

 余談ですが、ラミネートチューブの歯磨き粉、缶コーヒーなどが出てきたのもこの時代です。また、社団法人として、日本バーテンダー協会が厚生省(現:厚生労働省)に認可された年でもあります。

 そんな時代の大会で、グランプリ金賞を受賞したカクテルを紹介いたします。当時は2部門に分けられていたようで、ショートカクテル部門とロングカクテル部門がございます。

 ショートカクテル部門は、「花笠」というカクテルです。レシピは、ギルビードライジン、サントリークレームドサクラ、コアントローで、飾りに、マラスキーノチェリーと桜花の塩漬けを使用しています。

 ロングカクテル部門は、「サンエキスポ」というカクテルです。レシピは、スミノフウオッカ(100プルーフ)、ニッカアプリコットブランデー、フレッシュオレンジジュース、砂糖で、最後にファンタソーダで満たし、オレンジスライスとチェリーを飾ります。

 ショートは、現在でもレシピのままの材料で作れますが、ロングは、すでに終売となっている材料もあり、作るときは代用する形となります。ちなみに、ファンタソーダは普通の砂糖のない炭酸のようです。

 万博は、まだ開催できるのか決まっておりませんが、開催されるときには、新しいEXPOカクテルが生まれることでしょう。

過去の記事