岐阜酒好物語
スモーク・カクテル

2018年11月26日 14:42

スモーク・カクテル

スモーク・カクテル

 近年のカクテルでは、これまでにない発想と手間をかける作り方が定着し、材料も化学の実験でもするかのように、液体窒素を使う作り方もあったりします。

 そのような作り方のものを「ミクソロジーカクテル」といいますが、燻製を作るときに使用する、木製チップなどを使って煙を液体に混ぜ込み、作るカクテルがありますので紹介いたします。

 スタンダードな作り方を紹介いたしますが、使う材料は薫製用の木製チップをいぶして、容器に煙を充填(じゅうてん)いたします。スモークガンといわれる専用機材もございますが、無くても可能な作業です。

 液体の方ですが、調べてみると「オールド・ファッションド」というカクテルをベースに、スモーキーカクテルを作っているようでした。少し違う部分は、スライスしたフルーツを使わず、アンゴスチュラ、オレンジのビターズ(苦味酒)で味付けをする部分です。

 氷を使わず調合し、煙を充満させた容器に移し替え、煙と混ぜて、氷の入ったロックグラスに、煙と共に注ぎいれます。

 わりと簡単に作れるカクテルで、チップの種類や混ぜる時間のかけ方で風味も変化するので、数種類のチップを用意して作り変えたり、混ぜて使うのも面白いところです。

 もっとシンプルに、元からスモーキーな香りがするシングルモルトウイスキーなどと煙だけを混ぜるのも、より香ばしく感じる一杯になります。

 野外バーベキューなどの需要も重なり、薫製用のチップもいろいろと手に入れやすい時代ですので、試しに使ってみてはいかがでしょう。

過去の記事