岐阜酒好物語
クリスマスカクテル(チリヤシ)

2018年12月10日 16:13

チリヤシ

チリヤシ

 街がクリスマスムードに染まってきた12月です。毎年、この時期になるとクリスマスカクテルを紹介しておりますが、今年の日本は、例年に比べ気温が高いので、暖かい国のクリスマスカクテルを紹介したいと思います。

 紹介するカクテルは、プエルトリコ発祥で、クリスマスや大みそかなど、お祝いの日に飲まれている「チリヤシ」という一杯です。しかし、この国でもクリスマス時期は寒いのでしようか、ストーブの上で温めて作ったりしています。

 ちなみに、温めて作っても冷ましてから飲むので、コールド・カクテルになります。

 このカクテルの名前ですが、材料にココナッツミルクが使用されているところからか、または植物の「チリヤシ」から付けられたのかもしれません。

 プエルトリコはラム酒の原産地でもあり、このカクテルにも使用されますが、使うラム酒の種類はまちまちで、バリエーションも豊富です。日本でいうところのお雑煮的な感じで、家庭により味わいが違うのかもしれません。

 基本レシピは、ダーク・ラム、ココナッツミルク、コンデスミルク、バニラエッセンス、シナモンパウダーで、最後にチョコレートとナツメグをふりかけます。

 材料として、アイスクリームやショウガ、レモンの皮なども加えて作るものもあり、卵を加えると、ベネズエラの伝統的飲料の「ポンチェクレマ」という一杯になります。

 クリスマスにシャンパンで乾杯は、ビールの代わりとして、伝統的な世界のクリスマスカクテルを調べて飲んでみてはいかがでしょう。

過去の記事