岐阜酒好物語
ほんのり セレブ気分
アブサンカクテル「グリーン・ビースト」

2019年02月18日 10:56

アブサンカクテルの「グリーン・ビースト」

アブサンカクテルの「グリーン・ビースト」

 その昔、成分の中毒性を指摘され、仕様変更されたお酒があります。アブサンです。中毒性があるといわれた材料は「ニガヨモギ」でしたが、後にアルコール中毒であったとされ、材料の使用も許可されることになり、現在では材料が使われた商品が多く見られます。

 日本では、あまり注文もないアブサンですが、ヨーロッパ方面では普通に飲まれている感じです。そこは、日本人が日本酒を嗜(たしな)むことに似ていると思います。

 このお酒で代表的な銘柄は「ペルノー」です。フランスには「Les Voeux du Club Pernod(クラブ ペルノー)」がございます。

 こちらのお店で提供しているカクテルの一つに、「グリーン・ビースト」というカクテルがございます。このカクテルは、日本でいうところの「カッパ焼酎」のような感じで、キュウリが使われ、アブサン、ライムジュース、シロップ、水が使われています。

 材料に水が使われていますが、アブサンカクテルでは「ペロケ」というのが有名で、こちらは、ミント・リキュールを少し入れ水割りにした一杯があり、アブサンに水は欠かせない材料のような感じです。

 作り方は、大勢に振る舞うときはガラスのボールで作り、一杯ずつのときにはシェークする作り方をしています。キュウリはスライスしたものをグラスに直接入れています。

 セレブな方が集う「クラブ ペルノー」で振る舞われるカクテルを飲んで、セレブな気分に浸ってみてはいかがでしょう。


過去の記事