岐阜酒好物語
ふんわり、桜の香り
~春のジン・トニック~

2019年03月25日 12:01

桜風味のジン・トニック

桜風味のジン・トニック

 寒暖差の激しい昨今ですが、桜の開花の声も聞こえてきました。春を感じながら飲みたい一杯を考えていたら、この時期にぴったりなカクテルが紹介されていました。

 ブルーのボトルで有名なジン「ボンベイ・サファイヤ」を使用し、ひと味つけ加えた「ジン・トニック」です。

 メーカー側は、お酒の推奨する飲み方をいろいろ考え、スタンダードなところからプロの技術が必要となるものまで、サイトにレシピを掲載されています。その中から気になったものをチョイスして、二つのカクテルを作ってみました。

 一つ目は、春の七草にも数えられる「小カブ」を使用した一杯です。グラスは塩のスノースタイルで、4分の1に切ったものとすりおろしたものを使用。

 ジン、トニックウォーター、ライムを、氷を入れたグラスに入れ、すりおろしたカブを追加して軽く混ぜて、カットしたカブを飾ります。

 野菜が持つ青臭い風味が嫌みなく交わり、爽やかな飲み心地を与えてくれる一杯になります。

 二つ目は、春の定番なフレーバーの桜を使用した一杯です。桜の花のシロップ漬けを使用し、氷を入れたグラスに、ジン、桜の花シロップを入れ、よく混ぜてからトニックウォーターを注ぎ、ライムを絞り入れて、いま一度、軽く混ぜて仕上げます。

 淡いピンク色の液体の中に桜の花が咲いて、見た目も美しく、味わいは優しい甘さも感じ、余韻に桜の風味がふわっと香る、春らしいカクテルに仕上がっています。

 好みの味わいを足した、フレーバード・ジン・トニックをご自分で考えるのも面白いと思いますので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょう。


過去の記事