岐阜酒好物語
新カクテル誕生か!?
「カツオ・ウオッカ」

2019年04月22日 07:23

カツオ・ウオッカ

カツオ・ウオッカ

 少し前のコラムで、ベーコンを使ったウオッカの話を書きましたが、覚えていらっしゃいますでしょうか。その発想の転換を自分で試し、考えたのが「魚は使えるのか」。思考を巡らせました。

 生臭さなどを考え、お酒のフレーバーとして耐えうるものなのかなども熟慮し、「あれなら使えるのでは」と用意したのは「カツオ節」。製造工程を考えれば生臭さはなく、味わいにもスモーキーな部分も兼ね備えているので、「カツオ・ウオッカ」を製作してみることにしました。

 用意したのは厚切りのカツオ節で、使用する半分の量を軽く炒めてみました。残り半分はそのまま使い、ブレンドしたものをウオッカで漬け込みました。

 個人的に魚は好んで食べない私が味見して、おいしいと思えなければ失敗としましたが、丸一日過ぎたところで味見をしてみると、なかなかの味がでており、臭みもなく、まろやか風味のするお酒に仕上がっていました。

 もう少し濃い感覚があると良いと思い、もう一日、漬け込みをのばして味を確認すると、一日目よりもさらにカツオのうま味がお酒に溶け込み、提供することができる感じにまで仕上がりました。

 カクテルにするには何を合わせてみるのが良いのかはこれからですが、これまでにない日本的な一杯が作れそうなお酒に仕上がりました。


過去の記事