岐阜酒好物語
切ない思い出の一杯
「モッキンバード」

2019年05月27日 14:26

モッキンバード

モッキンバード

 私がバーテンダーの職に就いて、まだ経験も知識も浅かった頃でございますが、毎週、カップルで来店されるお客さまがいらっしゃいました。

 いつもご来店されると、同じテーブル席に座って、食事とお酒を楽しんでくださいました。男性の方は、必ず一杯目に同じカクテルを注文するのですが、そのカクテルが「モッキンバード」でした。

 「モッキンバード」とは、モノマネ鳥といわれるメキシコに生息する鳥から命名されたカクテルで、その理由がメキシコのお酒、テキーラが使われているからということです。正確には、「モッキンバード・カクテル」といいます。

 鳥の姿は灰色でカクテルからは想像もつかない状態です。ですが緑の木々に良く映える色をしており、そのあたりから名前が付けられたのかもしれません。

 レシピは、テキーラ、ミントリキュール、ライムジュースをシェイクで作るショートカクテルです。

 さて、お客さまの話に戻りますが、ある時からご来店が途絶え、働いていた他の従業員も気になった頃です。男性の方が初めてお一人でご来店されました。

 私が作業する場に近いカウンターに座って、「モッキンバード」を注文され、「彼女と別れ転勤することになりました」と伝えられました。勘のいい方ならばピンとくる物言いでしたが、「これまで、お勉強させていただきありがとうございます」と伝えました。

 男性は「あなたの作るカクテルが好きでした」と最後に言ってお店を後にされ、二度と足を運ばれることはありませんでした。

 ふと最近、思い出したお客さまとのやりとりですが、「モッキンバード」は、ミント系が好きな方に飲んでいただきたい、これからの季節にピッタリな一杯です。


過去の記事