岐阜酒好物語
色鮮やか!味わいまろやか
ビーフィーター・ピンクストロベリーのカクテル

2019年08月05日 15:58

  • ビーフィーター・ピンクストロベリー
  • ビーフィーター・ピンクストロベリーを使ったカクテル「ミルキーピンク・トニック」

 1820年から、ロンドンで蒸留を続ける老舗のジンブランド「ビーフィーター」は、日本で一番売れているジンでございます。

 故ダイアナ妃が、日本を訪れた晩餐会の席で提供されたカクテルを飲む前に「ジンは何を使っているのか」と問い、「なぜ、ビーフィーターを使っていない」と言って、作り直しをさせた話がある一本です。

 ビーフィーター創業者のジェームス・スパロウ氏は、薬剤師であり、同時にリキュール類も製造していたというエピソードがあります。現在のマスターディスティラー(蒸溜責任者)のデズモンド・ペイン氏がその話に触発されて、リキュールに属するジンを発売しました。

 名前は「ビーフィーター・ピンクストロベリー」です。アルコール度数は37パーセントで、液体は透き通る鮮やかなピンク色をしております。

 使用されている材料は、ジュニバーベリー、セビルオレンジピール、アーモンド、オリスの根、コリアンダーの種、アンジェリカの根、リコリス、レモンピールに、フレッシュ・ストロベリーを配合しているそうです。

 メーカー推奨の、私が気になったカクテルを一つ紹介いたします。「ミルキーピンク・トニック」です。ピンクストロベリージン、トニックウォーター、ミルクの組み合わせの一杯です。

 猛暑が続く岐阜ですが、まろやかで爽やかな味わいのカクテルでも飲んで、季節を乗り切ってみてはいかがでしょう。


過去の記事