岐阜酒好物語
こだわり抜いた超限定なバーボン
メーカーズ・マーク「プライベート・セレクト」

2019年09月30日 15:02

メーカーズ・マーク「プライベート・セレクト」

メーカーズ・マーク「プライベート・セレクト」

 各方面でプライベート・ブランドを目にする世の中でございます。この状況はお酒でもあり、以前に紹介した「美濃」というウイスキーもその一つです。

 多くの場合は、蒸溜所のすでに仕込まれた樽(たる)を選び瓶詰めしておりますが、今回、取り引きをしている名古屋の「吉田酒販店」の社長がこだわり抜いた一本を紹介いたします。

 テレビでCMも流れているので知っている方も多いバーボンウイスキー「メーカーズ・マーク」ですが、「プライベート・セレクト」という名前になっています。ボトルは「メーカーズ・マーク 46」と同じですが、ラベルが変更され、希少な感じを醸し出しております。

 このバーボンのこだわりは、酒屋さんが現地工場まで足を運び、樽を作る前の木材から選び、一から仕込まれた一本なのです。ここまでしたプライベート・ブランドは、私も聞いたことがありません。

 その味わいですが、通常のメーカーズ・マークよりも重厚な口当たりで、匂いは、接着剤臭の中に焦げた木材、後から強烈なカカオの香りがし、飲んでみると、接着剤感はすぐに消えて、黒コショウが混じったチョコレートと黒糖をなめたような強い甘さへと変化しました。

 超限定なプライベート・ブランドは、メーカーが少量過ぎて発売できない味わいを楽しめる部分にあると思います。

 皆さまも、このようなお酒に出合うことがございましたら、ぜひ飲んでみてくださいませ。


過去の記事