「おかえり」響く声

2018年11月21日 13:25

  • 杉原駅に張り出されたメッセージ=2018年11月21日
  • 大規模な土砂崩れによる流出から線路が復旧した現場=2018年11月21日、坂上~打保間

JR高山線の坂上~猪谷間が、11月21日に運転を再開しました。145日ぶりの全線開通となります。

自分も、さっそく再開した区間に出向きました。

飛騨古川を昼過ぎに発車する猪谷行きの普通に乗り、再開区間を目指します。

やってきたのはキハ25の2両編成。

ロングシートの車両でした。

列車は快調に走り、坂上へ。

坂上を出て、しばらくすると、線路が流出した現場にさしかかります。

線路まわりが真新しくなっているところを徐行。
土砂が流れ出たところには重機があり、その規模の大きさを改めて思い知らされました。

そして打保。
地元の方が書かれたのか、「全線復旧ありがとう」の文字が、ホームの柵に張り出されていました。

続く杉原の駅にも「おかえり高山本線」の文字が。

きょうは、飛騨古川には特急「ひだ」3号で向かいました。
列車が飛騨古川に着くと、地元の保育園児が手旗を振って「おかえり~」と列車を出迎えてくれました。

地域の人々にとって、いかにこの高山線が大切な存在かをかみしめながら、普通列車は猪谷に到着しました。

【関連ニュース】JR高山線145日ぶり全線開通

過去の記事