揖斐川町コミュニティバス

2019年09月24日 15:19

 先日、ちょっとしたバス旅に出かけました。ただ、このルートをたどれるのは今月末まで。出かけた先は揖斐川町。樽見鉄道の谷汲口駅から、谷汲山を経由して養老鉄道の揖斐駅へ出るルートです。

樽見鉄道谷汲口駅前で発車を待つ、谷汲山行きの揖斐川町コミュニティバス

 今回乗ったバスは揖斐川町のコミュニティバスで、名阪近鉄バスの運行。同町では、町内のバスを2019年10月から平日朝夕の通勤通学時間の「揖斐川町ふれあいバス」と、平日昼間のデマンドバス「はなももバス」に再編します。名阪近鉄バス運行のコミュニティバスは9月末まで。

 土日祝日に関しては「実証実験」という不安定な形で「ふれあいバス」の路線バスを、運賃は無料で運行するということです。

 平日は町内在住者が使うことに特化したダイヤ&デマンド運行、休日は「無料の実証実験」となり、これまでのような路線バスの旅を、町外の人間がすることは極めて難しくなります。

 9月の休日の午後。樽見鉄道の谷汲口駅に降り立つと、駅前に中型のバスが止まっていました。谷汲山行きの揖斐川町コミュニティバス。これで谷汲山に向かいます。時間となり発車したのですが、乗客は自分だけ。とはいえ、丁寧なアナウンスと運転で、バスは谷汲山に向かいます。途中からは名鉄谷汲線の廃線跡に沿う形。終点の1つ前の谷汲で降ります。旧谷汲駅の目の前。ここまで運賃は100円でした。

 旧谷汲駅には、かつて谷汲線を走っていた電車2両が保存されています。廃線から18年。当時の雰囲気を今に伝えています。

旧名鉄谷汲駅に保存されている電車モ755

 歩いて谷汲山の停留所へ。参道の入り口の観光バスなどの駐車場を兼ねているところで、揖斐駅行きのバスを待ちます。

 谷汲山からさらに奥の横蔵からやってきたバスが到着。こちらはほかに何人かお客さんがいました。

 実はこの路線、好きなポイントが一つありました。それは、谷汲地域からトンネルを抜けて、一気に揖斐の市街地へ下りていくところ。ヘアピンカーブを左へ右へと抜けていきます。

谷汲山から揖斐駅に向かうバスが通る経路にはヘアピンカーブが連続する区間があった

 揖斐の市街地に出て、旧名鉄揖斐線の終点があった本揖斐へ。鉄道の駅があった面影は、ほとんど残っていません。駅前にあった公衆トイレぐらいでしょうか。

 町役場などを経由し、養老鉄道の揖斐駅に到着。ここまで運賃は200円。電車との乗り継ぎにちょうどいいタイミングで着くダイヤになっていました。

 地域の公共交通は、そこに住む人が使うことが最大の使命。新しいコミュニティバスが育っていくことを願います。一方で、町外からの観光客が利用するであろう土日祝日の運行が今後どうなるかが気になるところです。


過去の記事