岐阜駅前に帰ってきたモ513

2019年12月27日 14:47

 JR岐阜駅前に移設された、旧名鉄岐阜市内、揖斐線のモ513。11月16日の移設当日は、大変なにぎわいを見せていました。

 自分は、金公園から岐阜駅前へのパレードは仕事の都合で見ることができず。2005年3月31日以来、およそ14年半ぶりに、新岐阜駅前(あえてこう言います)に路面電車がやってきたという光景でしたが、下呂と岐阜の距離の壁は高かった...

 岐阜駅前のバスターミナルの一角に敷かれた軌道。ここは、本来軌道が敷かれるはずだった場所。停留所はもう少し先の、歩道橋のエスカレーターやトイレのあるあたりの予定だったらしいです。

夜になりライトアップされた、岐阜駅前のモ513。まるで発車待ちのよう

 夜になると、モ513はライトアップされていました。室内にも明かりがついています。これを眺めていると、揖斐線黒野行きの急行が発車を待っている様子に見えてきました。

 移設後、何度か岐阜駅前を通る機会があったのですが、誰かがカメラを向けている姿が見られました。末永く、美しい姿を保った状態で、多くの人に親しまれてほしいと願っています。


過去の記事