高山のキューロクと除雪車

2020年02月10日 10:50

高山駅の近くに保存されている9600形蒸気機関車とキ100形

高山駅の近くに保存されている9600形蒸気機関車とキ100形

 先日、高山駅でハイブリッド車両HC85系を見かけた、という話を書きました。高山駅のすぐ近くに、かつて高山線で活躍した蒸気機関車と除雪車が保存されています。最新の車両を見た直後に、高山線が開業した頃の車両を見る格好になりました。

 高山駅の西側にある公園。9600形蒸気機関車と、除雪車キ100形が保存されています。保存場所には屋根もあり、美しい姿が保たれています。

 9600形の番号は19648。公園の看板によると、大正6年12月29日に製造されました。かつて高山駅の西側に広がっていた高山機関区にも昭和14年12月から同25年3月まで在籍。富山機関区を最後に引退するまで53年間動いていました。

 除雪車(キ132)のほうは昭和9年製造。引退までの40年あまり、高山線で活躍しました。飛騨小坂から笹津までの区間が仕事場だったそうです。

 高山に来た折に、何度かこの公園を訪れているのですが、新しい駅舎になってからは来やすくなったと感じています。下呂勤務になって、高山へ行く機会も増えました。また訪れようと思っています。


過去の記事