「当たり前」のありがたさ

2020年05月06日 09:57

新岐阜駅前で折り返す名鉄岐阜市内・揖斐線のモ770=2004年5月6日

新岐阜駅前で折り返す名鉄岐阜市内・揖斐線のモ770=2004年5月6日

 大型連休に合わせ、過去の画像を紹介してきました。

 2004年5月6日は、1枚だけ画像データが残っていました。新岐阜駅前の名鉄岐阜市内・揖斐線の電車。到着したモ770が道路の上で折り返し、黒野行きの普通になるところ。

 撮ったときは、廃線まで1年を切った時期でした。ただ、これが日常の光景でもありました。自分が見てきた限りでも、新しい電車が入ったり色が変わったりという変化はありましたが、新岐阜駅前で客を降ろした電車がポイントの先まで進み、折り返していく様子は何度も見てきました。

 しかし、この11カ月後には、この光景は永遠に見られなくなりました。

 「いつでも見られる」と思っていると、後悔する。今回の新型コロナウイルスの影響で、そんな経験をした人も多いのではないでしょうか。早く感染拡大が終息し、気軽に出かけられる日が再び来ることを願います。


過去の記事