見送れなかった700系

2020年06月26日 10:45

東海道新幹線からは全車引退した700系=2018年3月、広島駅

東海道新幹線からは全車引退した700系=2018年3月、広島駅

 新型コロナウイルスの影響で大きく紹介されていないと思うのですが、東海道新幹線は3月から6月にかけて「すべての列車がN700A」です。つまり、3月に700系が引退し、7月にN700Sが登場するまでの間、営業列車はN700Aのみ、単一形式で統一されているという状態です。

 ...コロナ禍で定期列車も間引く期間もあったほどで、それどころではなかったですけれどもね。

 東海道新幹線での700系の最後は、特別装飾を施すなど、当初は盛大に見送られる予定でした。3月8日の臨時「のぞみ」をもって最終運行となるはずでしたが、コロナ禍で運休に。どう考えても密集状態になりますからね...

 自分は、下呂市長選に向け忙しい時期でしたが、700系最後の臨時列車を「羽島か安八の田んぼか長良川の堤防あたりで見送ろうか」と思っていました。これもかなわず...

 700系そのものは、山陽新幹線の「レールスター」があります。また、16両編成の700系も、最初の話では山陽区間の臨時で走るということでしたが、臨時列車の需要が大きく落ち込んだ現状ではどうなることやら。

 新幹線そのものは対コロナでも安心して乗れるのですが、着いた先でも安心できる日が早く来てほしいところです。


過去の記事