萌えっ子缶バッジ

2020年06月28日 10:25

下呂支局の事務所内に飾っている、沿岸バスの萌えっ子の缶バッジ

下呂支局の事務所内に飾っている、沿岸バスの萌えっ子の缶バッジ

 北海道の沿岸バスは、留萌や羽幌周辺の路線バスや、札幌への特急はぼろ号を運行する一方、かわいらしいキャラクターが券面を彩る「萌えっ子フリーきっぷ」などでも知られています。このブログでも初期のころ、2008年7月に行われた千葉・銚子へのバスツアーを紹介(というか参加)して以来、何度か話題にさせてもらいました。

 コロナ禍まっただ中の今年の大型連休のころ、缶バッジの通信販売を行ってると聞いたので、最新のデザインのセットを買いました。この手のグッズ、本来は現地を訪れての思い出やお土産にするのがいいと、個人的には思っているのですが、今回は新型コロナの影響で外出自粛という事態。

 買って、そのまましまい込むのはもったいないので、ちょっと飾り付けてみました。といっても、大層なことはできないので、フエルト生地を等間隔に切って、缶バッジを取り付け、市販の金網に両面テープで貼るという程度。

 「いつか北海道に行くぞ」という長年の思いを込め、別の機会に入手したポスターとともに、支局のインテリアにしています。

 コロナ禍で、どの交通事業者でも、乗客数の急減などに見舞われる一方、輸送の維持に苦労する事態となりました。ささやかではあるのですが、関係の皆さんにエールを送りたいと思います。

 また、少しずつですが、観光でも人が動くようになってきました。

 新型コロナ予防策を万全にという前提は付きますが、下呂の記者としての立場からは、まず岐阜県に来てもらい、その中でも下呂市を含む飛騨地域で、下呂温泉の湯や各地の清流や自然を楽しんでもらえたらと思っています。


過去の記事