2019ぎふ参院選
大野さん総力戦実る 「笑顔で暮らせる岐阜に」

2019年07月22日 04:00

 岐阜市薮田南にある自民現職大野泰正さんの選挙事務所では、午後8時ごろに当選確実の報が届くと、詰め掛けた支持者からどっと歓声が湧き上がった。大きな拍手で迎えられた大野さんは「大切な古里である岐阜県が、安心、安全で、皆さんが笑顔で暮らすことができる、そういう古里に一層していきたい」と力強く決意を語った。

 投票率の低下が危惧される中、党本部から「安定区」とされ、当初から組織内に楽観ムードが漂う難しい選挙戦を強いられた。終盤情勢の調査でも優勢が伝えられたが、陣営幹部は「厳しい選挙」を繰り返し、組織の引き締めに躍起。大野さん自身も県内各地をくまなく回り、直接支持を訴えてきた。

 同8時すぎに、選挙事務所に姿を見せた大野さんは、野田聖子選対本部長ら選対幹部や議員、支持者たちと一緒に万歳三唱し、再選の喜びを分かち合った。スタッフらから花束を受け取った大野さんは安堵(あんど)の表情を浮かべ、「皆さんのお力でこの場に立っている。この思いを全てぶつけて次の6年間、しっかり仕事をしたい」と支持者に深々と頭を下げ、感謝の言葉を述べた。