頑張ってます岐阜県人

山田 雅夫さん

2020年07月02日 09:48

「誰もやっていない表現を追求していきたい」と話す山田雅夫さん=岐阜新聞東京支社

「誰もやっていない表現を追求していきたい」と話す山田雅夫さん=岐阜新聞東京支社

技法「速描」考案本に

 旅先で出合った風景を素早くスケッチして残せたら-。そんな思いが実現できるよう、着彩まで15分ほどで仕上げる「速描」という独自のスケッチ技法を考案した。
 岐阜高から東京大工学部都市工学科に進学。卒業後、東京都内の建築事務所で経験を積み、1985年に開催されたつくば科学万博の会場設計を経て独立。東京臨海副都心開発や横浜みなとみらい21の開発構想案づくりなどに関わった。
 海外に出張で訪れた際、短い休憩時間を利用して街並みをスケッチしながら速描を自分のものにしていった。「大事な建物や自然だけを描き、それ以外を省略する。それでいて魅力的な絵に仕上げるのがこつ」。
 2003年、速描のノウハウをまとめた本を出版して話題に。関連書籍はこれまでに100万部を超える大ヒットを記録、翻訳・出版された書籍も35冊に達し、海外にも多くのファンを持つ。現在、柔らかく独特の輝きを放つ和紙と絵を組み合わせた新たな作品作りに挑戦している。「誰もやっていない表現を追求していきたい」。瑞穂市出身。横浜市在住。69歳。

続きを読む

過去の記事