頑張ってます岐阜県人

田口 喜将さん

2020年01月16日 09:28

「野球で培った経験を今後に生かしていきたい」と話す田口喜将さん=東京都新宿区

「野球で培った経験を今後に生かしていきたい」と話す田口喜将さん=東京都新宿区

野球の経験を糧に

 思うように球が投げられなくなる「イップス」に悩んで7年-。昨年の東京六大学野球秋季リーグでベストナインに選ばれた。「苦しかった経験も、今は良かったと思える」

 岐阜中央ボーイズではエースで4番を担い、中日本大会でMVPを獲得。野球人生を順調に歩んでいたが、進学した早稲田実業高校で壁にぶつかった。

 「キャッチボールが怖かった」。慣れない環境に適応できず、うまく投げられない状態に。焦れば焦るほど自分を見失った。3年時に甲子園ベスト4に進出するも、2回戦以降はスタメン落ち。見返したいと、大学でも野球を続けた。

 もがき苦しみ試行錯誤を重ねたが、5メートル先にも投げられない。それでも代打での活路を見いだした。大学最後の秋季リーグ。けがの選手に代わって出場した試合で4打数2安打の活躍を見せた。外野手としてレギュラーに定着、通算打率2割8分2厘を記録した。

 春には大手商社への就職が内定している。野球に区切りをつけるが、「この経験を生かしていきたい」と前を向く。岐阜市出身。東京都荒川区在住。22歳。

続きを読む

過去の記事