頑張ってます岐阜県人
後藤 宏江さん
彫刻家

2017年10月06日 11:08

「多くの人に見て楽しんでほしい」と話す後藤宏江さん=米ハリウッド

「多くの人に見て楽しんでほしい」と話す後藤宏江さん=米ハリウッド

海外番組のセットを制作

 エミー賞を獲得しているAmazon(アマゾン)オリジナルの児童向けストップモーションアニメ「タンブルリーフ」を制作する。スタッフの中では唯一の日本人。

 番組は、ネットで販売。ある島を舞台に青いキツネの少年フィグが仲間たちと愉快な冒険を繰り広げる内容。現在第4シーズンを制作中で、日本では第2シーズンまで公開されているという。

 総勢約100人のスタッフが1年以上かけて1シーズン(20分を12本)分の話を制作。後藤さんはスカルプター(彫刻家)を1人で務め、美術部門内で彫刻が必要とされるほとんどのセット、小道具などを任せられている。「CGと思われがちだが、すべて手作りで仕上げています」

 岐阜市出身。岐南工業高校デザイン科を経て名古屋造形芸術短大(現名古屋造形大)を卒業後、英国で特殊メークを学んだ。米ニューヨークに移住し、ホラーやSFなど映画やTVの特殊メークを手掛けた。タンブルリーフには2013年から携わる。番組は日本でも話題で、「うれしい。大人も子どもも楽しめる内容なので、多くの人に見てほしい」と話している。米ハリウッド在住。38歳。

(岐阜新聞 2017年10月6日掲載)


過去の記事