頑張ってます岐阜県人
ハヤシアキヒロさん
写真家

2018年04月27日 09:44

「思い出の土地を写真で発信していきたい」と話すハヤシアキヒロさん=岐阜市、金華山

「思い出の土地を写真で発信していきたい」と話すハヤシアキヒロさん=岐阜市、金華山

名所撮影、岐阜の魅力発信

 県内各地の名所をモデルと共に写し、東京や大阪での展示会を通じて岐阜の魅力を発信する一年がかりの企画を立ち上げ、今月から撮影を始めた。「自分の原点を作品にしたいという思いが強くなった。故郷に恩返しができれば」と意気込む。

 岐阜市出身。大阪芸術大芸術学部写真学科を卒業後、写真家坂本樹勇さんに師事した。水中写真や大手芸能プロダクションを経て独立し、映画や広告などに関わる撮影活動を展開している。

 撮影で大切にしているのは現場が持つ空気感。「映画の一こまを撮るような感覚で光などさまざまなものを取り入れ、流れの中にある一瞬をとらえる」。見る者が自由に想像を膨らませられるよう、そのための余白を作品に忍ばせている。

 最初の撮影地には高校時代に親しんだ金華山山頂を選び、甲冑(かっちゅう)姿の女性を景観に溶け込ませた。今後は大野郡白川村の白川郷合掌造り集落、本巣市にある彼岸花の群生地などで撮影する予定。

 「感性を大事に、風景のその先にあるものを表現したい」と語る。東京都在住。日本広告写真協会正会員。54歳。


過去の記事