頑張ってます岐阜県人
萩野下 進さん
名古屋市中区役所地域力推進室長

2018年07月13日 09:40

「誰もが安心して暮らせるまちづくりに力を尽くしたい」と語る萩野下進さん=名古屋市中区役所

「誰もが安心して暮らせるまちづくりに力を尽くしたい」と語る萩野下進さん=名古屋市中区役所

安心なまちづくりに全力

 名古屋市中区役所で多文化共生や防災をテーマにしたまちづくり事業などを手掛ける、地域力推進室の室長を務める。「大きな街に住む一人一人が安心に暮らせて、街を大切に思ってもらえる地域にしたい」と語る。

 中区は、栄や金山、大須、丸の内といった繁華街、商業地を抱える市の中心地。人口約8万8千人のうち9千人以上を中国やフィリピンなどからの移住者が占め、市内で唯一、外国人居住率が1割を超えている。「それぞれに文化の異なる住民同士が、いかに関わり合っていくか」と思案し、課題と向き合う。

 高山市久々野町出身。「地域に住む人たちの誇りが、町を清潔に保つ力になっている」と、多くの訪日客が訪れる郷土に学ぶことは多い。地域課題の解決に向けたワークショップ、ごみの分別など暮らしに必要な情報を多言語化したパンフレットの作成を通じ、「誰もが地元を思う心を持ってもらえる街を目指すことで、魅力をより高めたい」と意気込む。

 名古屋城築城に高山藩主金森氏が携わったといった、故郷と名古屋とのつながりや歴史文化にも関心を向ける。55歳。


過去の記事