頑張ってます岐阜県人
松下 健さん
オプティマインド社長

2018年09月07日 13:04

「物流の配送計画立案のシェアを取る」と目標を語る松下健社長=名古屋市中村区名駅、JRゲートタワー

「物流の配送計画立案のシェアを取る」と目標を語る松下健社長=名古屋市中村区名駅、JRゲートタワー

物流効率化へAIを活用

 人工知能(AI)を活用し、物流の効率化を図るシステム開発を手掛ける「オプティマインド」(名古屋市中村区名駅)を率いる25歳。「人の流れを最適化するプラットフォーマーになりたい」と力を込める。

 物流業界に革命を起こそうとしている。人手不足で現場の負担が高まる一方、配送ルートの計画は人手に頼っているのが少なくないという。同社はAIでその最適化を試みる。配送車の走行速度や経路、停車位置といったノウハウを蓄積し、地図に反映させることで最も効率良く物を運ぶ方法を提案。コストや労働時間の削減につなげていく。

 2015年に設立。昨年、他社と協力し新たな事業を創出する、日本郵便のオープンイノベーションプログラムで最優秀賞を獲得、脚光を浴び、浮上の契機を捉えた。宅配食やコンビニ、ガス会社などの幅広いニーズを注視、さらなる事業拡大を狙う。「みんなでノウハウをためて使う時代。物流の配送計画立案のシェアを取る」と意気込む。

 岐阜市鷺山出身。「思い入れしかない」という故郷には定期的に帰り、めいと遊ぶのが癒やし。名古屋大大学院情報学研究科博士後期課程在籍。名古屋市在住。

過去の記事