頑張ってます岐阜県人
信田 朋嗣さん
漫画原作者

2018年09月14日 13:04

「読者に楽しんでもらえる作品を描きたい」と話す信田朋嗣さん=東京都千代田区、はちどり

「読者に楽しんでもらえる作品を描きたい」と話す信田朋嗣さん=東京都千代田区、はちどり

ゴルフ雑誌の漫画を担当

 ゴルフ雑誌「ALBA」で5月から連載が始まったゴルフ漫画「新・あした天気になあれ」の原作を担当している。「大好きな漫画だった。主人公を身内のように感じ、キャラクターを作り上げている」と意気込む。

 週刊少年マガジンで掲載され、「チャー・シュー・メーン」でおなじみの「あした天気になあれ」(ちばてつや作)の続編。「前作は主人公の向太陽が全英オープンを優勝したところで終わった。その続きを表現したいとちばさんに話したら、快諾していただいた。漫画を読んでいた世代に受け入れられるよう、46歳になった向太陽を描いている」

 岐阜市出身。大学在学中から大手出版社でフリーとして働き、26歳で編集プロダクション「はちどり」を立ち上げた。時代劇や競馬などをモチーフにした漫画の原作を手掛けるほか、落語家・林家木久扇さんに認められ「はちどり家木こり」の芸名も持ち、多岐にわたって活躍している。

 13日には時代劇漫画「COMIC魂」を定期月刊誌として創刊。「漫画もネットで読むような時代。でも紙をめくる感覚や紙の匂いの良さがある。紙媒体をもっと盛り上げていきたい」と話す。東京都千代田区在住。44歳。

過去の記事