頑張ってます岐阜県人
堀部 貴紀さん
中部大応用生物学部講師

2018年11月30日 11:44

「サボテンの秘密を解き明かし、人の役に立ちたい」と語る堀部貴紀さん=愛知県春日井市、中部大

「サボテンの秘密を解き明かし、人の役に立ちたい」と語る堀部貴紀さん=愛知県春日井市、中部大

食用サボテンの研究に力

 中部大(愛知県春日井市)で、同市の特産サボテンの研究に打ち込む。乾燥や高温への耐性から砂漠など過酷な環境でも育つ強さがあるが、その理由は分かっていないという。「奥の深い世界。強さの秘密を解き明かし、暮らしやまちおこしに役立てたい」と語る。

 学生時代はマスコミ志望だった。名古屋大大学院修了後に岐阜放送へ入社したが、名大時代の恩師の誘いから1年ほどで再び研究の世界へ。中部大大学院博士課程に在学中、サボテンに出合い、謎めいた魅力のとりこになった。「こんなに面白いのに、まだ誰も知らないことがとても多い」

 中でも力を注ぐのが食用サボテンの研究だ。水耕栽培の過程で、含有する亜鉛や鉄分を増やせることが確認でき、機能性食品として健康づくりへの貢献を模索する。中南米では肉料理の付け合わせとしても親しまれるが、国内ではまだマイナー。地元の商工会などと連携し、食用サボテンをまちおこしの起爆剤にしようと取り組む。「地域ブランドとして産業や観光につなげたい」と意気込む。

 本巣市出身、春日井市在住。子どもの頃に食べ過ぎた柿がちょっと苦手。32歳。

過去の記事